土屋つかさの今か無しか

アクセスカウンタ

zoom RSS 1日オフ

<<   作成日時 : 2009/11/03 10:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 執筆が一段落したのもあり、本日は体調メンテを兼ねて一日オフ。ご飯を食べたのと、本屋に散歩に行ったのを除いて、夕方までずっと寝てました。まだちょっと疲れが残ってる感じがするなー。もう一眠り必要な感じかな。しばらく低消費電力モードで活動中。

 夜はのそのそと起き出して、部屋の片づけなど。年末に向けて、たまっていた自宅作業(PCのリプレイスとか)をこなしつつ、経費計算やワークフローの改善検討なども進めていく予定。今年一年の総括もしなければばば。

====

【デジタルゲーム】

 XBOX360が到着しました! 取り敢えず接続して、動作確認して、今日は終わり(爆)。なんかゲームする気力が沸かなくて……。あと、自宅の無線LAN環境をアップデートしないとXBOXLIVEに接続出来ない(360の無線LANアダプタを買う予定は無い)の気づき、それもやらなきゃなーと。年内に済ませたい所。

====

【アナログゲーム】

 大学祭に行った時に、日記を読んでくれているボードゲーマーの現役生複数から「なんでまた急にウォーゲームなんですか?」という質問を受けました。うーん、やっぱ不思議に感じるか。なにせ土屋はミリオタじゃないし、どちらかといえば歴史オンチなので。

 アナログウォーゲーム(以下ウォーゲーム)は、誕生から30年(くらいかな?)の時を経て、非常に特異な進化を遂げています(※1)。特にここ数年間のゲームデザインの変化は、マルチエリアスタイル(※2)や、カードドリブンシステム(※3)など、他のアナログゲームのそれと断絶と言ってもいいレベルで独自の発展を遂げています。

 土屋は、それらのデザイン理論を、他のゲーム(アナログ/デジタル問わず)に持ち込めないかと考えていまして、その為に、最近はウォーゲームのゲームデザインを勉強しています。なので、特に広めたいとも思ってませんし、小説に出てくる事も無いと思います(爆)。

※1 間違えてはいけないのは、デジタルSLGはアナログウォーゲームの後継では無いという点。この二つは初期は同じだったかもしれませんが、現在は全く異なる進化系統樹を構築しています。

※2 ヘクスマップではなく、不定形に区切られたエリアを使ったウォーゲーム。

※3 カードを使ったウォーゲームシステムの総称。狭義の定義と広義の定義があるが、ここでは問わない。ウォーゲームによくある「多数の例外ルール処理による歴史事象の再現」をカードを用いてシンプルに実現したり、戦場の霧を表現したりなど、カードドリブンシステムの導入による効果は多岐に及ぶ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

プロフィール

奥多摩に生きるライトノベル作家兼ボードゲーマーです。
詳細は【こちら】をどうぞ。
TwitterID:@t_tutiya

プログラミング系ブログはこちら
  • 土屋つかさのテクノロジーは今か無しか
  • 1日オフ 土屋つかさの今か無しか/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる