土屋つかさの今か無しか

アクセスカウンタ

zoom RSS ネタと企画の違い その4

<<   作成日時 : 2010/04/09 10:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 お昼過ぎに本屋を2軒梯子して、探していた本2冊のうち1冊を購入。もう1冊は明日新宿行った時に買う事に。ドリンクとお菓子を補充(正確には、ドリンクとお菓子は買うのを忘れて帰宅してしまった為、夕方にまた出かけました)。

 深夜にiPhoneOS4.0のプレビューがあったのですが、忘れていて零時前に寝てしまいました。最近夜眠くなるのが早く、その割には朝起きる時間は変わらないので、なにか損した気分になっています。なんだろう。春だからか? iPhoneOS4.0の雑感についてはまたいずれ。

====

 ネタと企画の違い その4

 ゲームのネタの次は小説のネタに進む予定なのですが、もうちょっとゲームの話を。前回の続きから。

 当初のネタに含まれていたのにスポイルされた物、それは「鐘を叩くと音が鳴る」という点です。そもそもはこの「音が鳴ると面白いんじゃ?」から始まったネタだった訳で、それがいつのまにか「鐘を叩くとお金が出る」に変わっていました。

 「別に音とか出なくてもいいんじゃない?」という意見もありましょうが、そうなると、そもそも「叩くとお金が出る」のが鐘である必然性も無くなってしまいます。別に鐘以外の物を叩いてもいい事になります(この方向を突き進めるのも手ではありますが)。

 このように、ネタを企画に昇華させる段階で、企画としては成立しているけど当初のネタから変質した物が出来上がる事が多々あります。これは状況によって良い悪いが異なるので一概には言えません。ただ、最初のネタが本当に面白い物であれば、そうそう企画に起こした時にぶれたりしないので、変質した場合はネタが悪かったと思った方が良いかと思います。

 今回はぶれてしまったので、「何故鐘を叩きたかったのか」に戻って考えなければなりません。そして、そこまで巻き戻った時に「本当に「鐘を叩くと音が出る」は、面白いのか?」と悩む事になるでしょう。ただ、ネタは、ネタ単体では面白いかどうかの判別は出来ない事が多く、企画まで練り込んで初めて「やっぱり使えない」となる場合が多い印象があります。

 次はネタ切れの話。(つづく)

====

【テキスト】

SK:参考書籍や映像を見てメモを少しだけ書く。執筆に向けた簡単な資料の作成。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

プロフィール

奥多摩に生きるライトノベル作家兼ボードゲーマーです。
詳細は【こちら】をどうぞ。
TwitterID:@t_tutiya

プログラミング系ブログはこちら
  • 土屋つかさのテクノロジーは今か無しか
  • ネタと企画の違い その4 土屋つかさの今か無しか/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる