土屋つかさの今か無しか

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スーパースクリブルノーツ」日本語版発売決定!

<<   作成日時 : 2011/08/19 10:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 本日は外にも出ないで一日執筆。

====

 全く話題になっていない気もしますが、欧米で100万本以上のセールスを記録した「スクリブルノーツ」の続編「スーパースクリブルノーツ」が完全日本語化されます。「スクリブルノーツ」は言葉を打ち込むとそれが画面に表示され、それを道具としてパズルを解いて行くゲームです。収録されている単語が20000以上あって、その膨大さが話題になりました。

スーパースクリブルノーツ(via KONAMI)
http://www.konami.jp/products/super_scribblenauts/

ニンテンドーDS『スーパースクリブルノーツ』の発売が決定(via ファミ通.com)
http://www.famitsu.com/news/201107/28047494.html

 ブログでも散々紹介したと思いますが、初代「スクリブルノーツ」は、国内ではコナミから「ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート」というタイトルで今年の頭に発売されました。なぜ続編のタイトルが原題そのままなのかが謎です(タイトル変えた初代が売れなかったのかな……しょんぼり)。

 「スーパー〜」は、単語に装飾節を追加して「BIG YELLOW CTHULHU」のように、より多彩(というか膨大)なオブジェクトを作れるようになりました。形容詞の認識が必要になるため仲間内では「初代でさえローカライズは大変だったろうに、さすがに『スーパー〜』は日本語化出来ないだろう」と話していて、実際土屋はどちらも英語版を輸入して遊んでいました。

 が、ファミ通の記事を読む限り「オオキイ トシオイタ コネコ」みたいな入力を受け付けるようで、これは凄い! 単語間に空白が必要っぽいので、意味素解析まではしてないと思われますが、「ニジイロノ イッカクジュウ」とかも大丈夫のようなので、副詞までは認識するっぽいです(以上自然言語解析を知らない人には意味不明なテキストですみません)。

 「ヒラメキパズル〜」はローカライズ(かつコナミナイズによるコナミオリジナルキャラの追加要素)が素晴らしかったので、「スーパー〜」が同じコナミから出るのはよりパワーアップしたローカライズが期待出来そうで、とても嬉しいです。発売が今から楽しみです!

====

【テキスト】

RSR-n3:4500字。進捗は20%くらい。このペースをキープしたい。

スーパースクリブルノーツ
コナミデジタルエンタテインメント
2011-10-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スーパースクリブルノーツ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

プロフィール

奥多摩に生きるライトノベル作家兼ボードゲーマーです。
詳細は【こちら】をどうぞ。
TwitterID:@t_tutiya

プログラミング系ブログはこちら
  • 土屋つかさのテクノロジーは今か無しか
  • 「スーパースクリブルノーツ」日本語版発売決定! 土屋つかさの今か無しか/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる