土屋つかさの今か無しか

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月1日「超粒子実験都市(グロアポリス)のフラウ Code‐1#百万の結晶少女」発売決定!

<<   作成日時 : 2013/02/22 11:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 4月1日に角川スニーカー文庫より、土屋つかさの新シリーズ「超粒子実験都市(グロアポリス)のフラウ Code‐1#百万の結晶少女」が発売されます。イラストは植田亮さん。

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=321211000250
 巨大実験都市で、異能の少年は奇跡の結晶のような少女と出会う――
 謎の素粒子【グロア】が満ちる実験都市で、異能を持つ子供が生まれ始めて数年。ある日、隼人は何者かに追われる少女フラウと出会う。思わずかくまった隼人は、彼女の感情が街に影響を及ぼす事に気づき――

 不思議な少女と不思議な都市を巡る異能バトル(?)物です。どうぞお楽しみに!

 Amazonでの予約も始まっています。
http://www.amazon.co.jp/dp/4041007615/

====

【デジタルゲーム】

 本日は「とある魔術と科学の群奏活劇(PSP)」の発売日。到着を今か今かと待っていたのですがなかなか届かない。ネットで配達状況を確認してみたら、到着は22日(明日)となっていました。……まじかよorz

----

 PS4が発表されました。土屋は「コンシューマ機は開発者に優しいハードであるべき」と思っているので、PS4が互換性の放棄と、x86アーキテクチャを採用したのは正しい判断だと思っています。というか、PS3の時にそれをやって欲しかった。また、動画や共有など、今現在は力業で実現している物をハードウェアの機能として提供されるのも良い。

 ファーストインプレッションでは、PS3の反省と、XBOX360のワールドワイドな成功をきちんと盛り込んだ製品ではないかと思います。あとはソフトが沢山出てくれれば良い。一番重要なのはどんな面白いゲームが遊べるか、ですから。

 ちなみに、「PS3の時にそれをやって欲しかった」という話をTwitterでしたら「PS3発表時代にメジャーだったx86系CPU設計(NetBurst)で、CELLと同等の機能を引き出すとなると熱量が凄い事になるので、それはそれで非現実的だったのではないか」という指摘をもらいました。うーん、なるほどなー。

====

【テキスト】

 作業無し。特別な予定も無いのにここまで何も出来なかった事はめずらしく、大いに反省。


超粒子実験都市のフラウ Code‐1#百万の結晶少女
角川書店(角川グループパブリッシング)
土屋 つかさ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 超粒子実験都市のフラウ  Code‐1#百万の結晶少女 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

プロフィール

奥多摩に生きるライトノベル作家兼ボードゲーマーです。
詳細は【こちら】をどうぞ。
TwitterID:@t_tutiya

プログラミング系ブログはこちら
  • 土屋つかさのテクノロジーは今か無しか
  • 4月1日「超粒子実験都市(グロアポリス)のフラウ Code‐1#百万の結晶少女」発売決定! 土屋つかさの今か無しか/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる