土屋つかさの今か無しか

アクセスカウンタ

zoom RSS 「幕張メッセ×リアル脱出ゲーム巨大神殿からの脱出」/インディーズゲーム「PIONEERS」が気になる

<<   作成日時 : 2013/11/17 11:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 土曜日は友人と3人で幕張メッセで開催された「幕張メッセ×リアル脱出ゲーム 巨大神殿からの脱出」に参加してきました。イベントの趣旨により内容についてのネタバレはありません。

幕張メッセ×リアル脱出ゲーム 巨大神殿からの脱出
http://realdgame.jp/giant_temple/

 幕張メッセは数年に1度しか行く機会が無く、東京駅で中央線から京葉線のホームに移動する時に「ああそうだ、移動距離が長いんだった」と、懐かしい(?)気分になります。海浜幕張で合流して、和光でお昼ご飯を食べてから、いざ幕張メッセへ。

 今回は1公演3000人という、過去最高人数参加によるリアル脱出ゲームでした。どんなイベントでもそうだと思うのですが、人数が増えると様々な点でスケールを捉え直さなければなりません。リアル脱出ゲームの場合、全員が会場を歩き回る中、事故が起きないようにするのが恐らくとても大変で、もっとも気を使っている所だと思います。

 その上で、「スケールが変わっても面白さを変えない、あるいは、もっと面白くする」というのが至上命題な訳で、その熟慮の末のゲームデザインを、毎回楽しませてもらっています。そして、今回も脳みそフル回転で楽しませてもらいました。地球滅亡まであと1時間。巨大神殿に囚われた研究者たち。そして、表れる巨像「クラタス」……!

 いやあ、面白かった! え? 脱出? 出来ませんでしたよっ!?

====

【デジタルゲーム】

 三上康明さんが紹介していたMMO。とても面白そうだし、なにより海外産のゲームなのに女の子が日本風で可愛い!(爆)

なぜこんなものが動く……「黒い砂漠(仮)」韓国CBTバージョン体験レポート。あらゆる点で現状を超越した超弩級MMORPGだった(via 4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/games/183/G018339/20131107087/

----

 あと、ちょっと気になっているのがこのゲーム「PIONEERS」。動画を見るとどんなゲームなのかなんとなく分かるかと思います。アトラス風……なのかな? BGMも小気味良く、雰囲気が大変土屋好みっぽいのだけど、ちょっと言語依存が強そうな……。開発中のバージョンをダウンロードして遊べるようです(英語をちゃんと読んでないので良く知らない)

Home of Pioneers
http://eigen.pri.ee/pioneers/

----

 唐突に思い出した話。ゲーム人生において「百の世界の物語(FC)」を遊ぶ機会を持てなかったことが今でもまだ悔やまれる。

十人の憂鬱な容疑者 素敵なパーティ、死体がふたつ (脱出ゲームブック)
リットーミュージック
SCRAP

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 十人の憂鬱な容疑者 素敵なパーティ、死体がふたつ (脱出ゲームブック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

プロフィール

奥多摩に生きるライトノベル作家兼ボードゲーマーです。
詳細は【こちら】をどうぞ。
TwitterID:@t_tutiya

プログラミング系ブログはこちら
  • 土屋つかさのテクノロジーは今か無しか
  • 「幕張メッセ×リアル脱出ゲーム巨大神殿からの脱出」/インディーズゲーム「PIONEERS」が気になる 土屋つかさの今か無しか/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる