土屋つかさの今か無しか

アクセスカウンタ

zoom RSS 電気外祭り/マイナーファミコンゲーム「フリップル/ゲイモス/アストロロボササ/アルテリオス」

<<   作成日時 : 2013/12/29 11:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 本来、今週はずっと自宅で作業で、年内の電車移動はコミケ3日目だけの予定だったのですが、スケジューリングをミスってしまい、所用で新宿へ。

----

 予定をこなした後、たまたま近くまで来ていたので、本日開催されていた「電気外祭り 2013 WINTER in 新宿」の会場に行ってみました。PC用美少女ゲームメーカーを中心に行われる物販イベントです。公式サイトがあるんですが、成人イベントなのか判断がつかなかったのでリンクは貼りません。

 アマガミの新作(なのかな?)の試用プレイや、あるメーカーさん(名前忘れた)のガチャガチャに長蛇の列ができていたりしました。土屋はライアーソフトさんのブースで、スチパンの缶バッチセットと、その場所で存在を知った「蒼天のセレナリア」の設定資料集を購入しました。

----

 帰りに小田急の前のエリアで、サザエさんのマンガでしか見た事がなかった「社会鍋」という募金活動が行われていました。現在でも精力的に活動されているとのこと。

====

 年の瀬だからという訳でもないんですが、流れでファミコンの懐かしいゲームの話になりました。土屋はタイトーから出ていた「フリップル」というパズルゲームのセンスが凄い好きで、ただ、今思うとなんであれ買おうと思ったのかな?w あと家にあったゲームで人に言っても「知らない」と言われるタイトルNo.1は「ゲイモス」かな。

 せっかくなので懐かしいゲームの話続き。ファミコンの「アストロロボササ」は「自分が発射するエネルギー弾によって反作用が発生する」というアイデアは今見ると斬新に思えるけど、今見てもやはりそれをゲームとしてまとめきれていないように思えます。浮力と海流があるステージ10/11が凶悪でした。

 最後。友達の家で遊んだものの、全く先に進めなかったという印象だけが残っていて、タイトルすら思い出せないゲームがあったんですが、なんとなくな検索ワードで探しているうちに見つけました。「アルテリオス」です! どうやら、当時歯が立たなかったのも無理のない超稿難易度ゲームだったようです(笑)。

 リンクは貼りませんが紹介したゲームは、探せばプレイ動画が見つかると思います。家庭用ゲーム黎明期の、剥き出しのゲームシステムを今見てみるのも、面白いですよ。

====

【テキスト】

MGK:打ち合わせ。年末年始柱の宿題を色々ともらう。編集さんとの打ち合わせはこれが年内は最後。これで仕事が納まったー!



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

プロフィール

奥多摩に生きるライトノベル作家兼ボードゲーマーです。
詳細は【こちら】をどうぞ。
TwitterID:@t_tutiya

プログラミング系ブログはこちら
  • 土屋つかさのテクノロジーは今か無しか
  • 電気外祭り/マイナーファミコンゲーム「フリップル/ゲイモス/アストロロボササ/アルテリオス」 土屋つかさの今か無しか/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる