土屋つかさの今か無しか

アクセスカウンタ

zoom RSS 「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! -VideoM@ster版-」鑑賞

<<   作成日時 : 2014/09/21 17:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 普段は活動していない早朝(?)に「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! -VideoM@ster版-」をTOHOシネマズ府中にて鑑賞してきました。SSAなどを経て、改めて見ると、勝手に想いがこみ上げてきてしまい、律子とPが屋上で話すシーンあたりからラストまでずっと泣いてました。感無量。

画像


 オリジナル版ももちろん素晴らしいのですが、何カ所かちょっと気になるカットがありました。今回はそれがどこだったか上手く思い出せないほどそれらのシーンが丁寧に修正されており、没入感が向上していました。個人的に一番気になっていた夕日のシーンも演出意図が分かりやすくなったように思います(多分)。来場者記念フィルムは志保さんでした。

画像


 劇場では今回の為に作られたグッズが幾つかありました(Tシャツが欲しかったけど置いてなかった)。パンフレットの内容はオリジナル版と同じなのですが、今回修正されたカットについては写真のように差し変わっています。

画像


 上がVM版。雪歩の口元も変わってますね(全体的に色調が変わっている気がするけどこれが印刷の具合なのか、フィルタを変更しているのかは不明)。そして復刻(なの?)ラバストは念願の千早!><

====

【デジタルゲーム】

Ingress:ついにレベル9に到達! 嬉しい!><

----

 銀英伝タクティクス……だと!? 見た限りアニメ版ベースの模様。しかし、結構先ですね(2015年サービスイン予定)

http://www.dmm.com/netgame/feature/ginei-ta.html

====

【アナログゲーム】

 大学のサークルの伝説的なアナログゲーマーの先輩の言葉で印象に残ってるのがあって(その人初出の言葉なのかは知らない)、「『負けると悔しい装置』が発動するゲームは良いゲーム」という物。ちなみにこの『負けると悔しい装置』は高い確率で再戦要求を発行する。

 ↑このツイートが割と広くRTされまして、普遍的な力を持つ言葉なのかなあと感心。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

プロフィール

奥多摩に生きるライトノベル作家兼ボードゲーマーです。
詳細は【こちら】をどうぞ。
TwitterID:@t_tutiya

プログラミング系ブログはこちら
  • 土屋つかさのテクノロジーは今か無しか
  • 「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! -VideoM@ster版-」鑑賞 土屋つかさの今か無しか/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる