土屋つかさの今か無しか

アクセスカウンタ

zoom RSS 押井守監督実写最新作品「GARM WARS The Last Druid」世界初上映!

<<   作成日時 : 2014/10/26 10:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

24日

 徐々にライブとテクノロジーを組み合わせたイベントが増えてきてますね。これはいつ頃企画がスタートしたのだろう。気になります。

「Fate」聖杯戦争が実現、池袋で体験イベント
http://natalie.mu/comic/news/129409

----

 シュタゲ×IBMコラボ第2話。助手かわいいな助手。助手ちょろいな助手。しかしこれコグニティブ・コンピューティングとやらの啓蒙に本当に役立っているんだろうか?w

https://www.youtube.com/watch?v=2C9bT9xjmXo

====

25日

 微妙に行動半径から外れる為に中々足を運べないシュタゲ聖地の1つ「柳森神社」に行ってきました(イングレスのポータル巡りを兼ねていたことは否定しません(笑))。絵として使われている建物は秋葉神社の方で、そっちもいつか行ってみたいです。

----

 なぜ秋葉原を南下したのかというと、現在東京国際映画祭が開催中で、その中でTOHOシネマズ日本橋で押井守監督実写最新作品「GARM WARS The Last Druid」が世界初上映されるからです! ギリギリ予約が間に合ってチケットが取れたのです。

 上映前に監督とプロデューサーによる舞台挨拶があったのですが、一言一言が15年の重みを感じる物でした(笑)。内容については触れませんが、押井信者で良かったと思える作品でした。土屋の見たかった物が全部入ってました。これが、ガルム戦記か……! 公開日はまだ決まってないようですが、楽しみです。

・「GARM WARS The Last Druid」土屋の感想その1(ネタバレ無し版)

冒頭「いつもの押井守映画とは違うぽいよコレ!?(驚愕)」
序盤「いつもの押井守映画だコレ!!(安堵)」
中盤「いつもの押井守映画だけどいつもの押井守映画とは違う!!(興奮)」
終盤「いつもの押井守映画だった……!!(恍惚)」

・「GARM WARS The Last Druid」土屋の感想その2(多少ガジェットについて言及版)

 土屋が見たかった具体的な物:バセットハウンド、鳥、鳥みたいな戦闘機、砲身が太すぎる戦車、変なデザインの銃、馬鹿でかい飛空空母、おかっぱの戦闘美女(しかもエルフ耳)、肉体と機械を繋ぐケーブル、老翁、顔を隠した謎の背の低い人物、レゾンテートルを巡る会話、未来が存在しない現在、希望と絶望、全部ありました!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

プロフィール

奥多摩に生きるライトノベル作家兼ボードゲーマーです。
詳細は【こちら】をどうぞ。
TwitterID:@t_tutiya

プログラミング系ブログはこちら
  • 土屋つかさのテクノロジーは今か無しか
  • 押井守監督実写最新作品「GARM WARS The Last Druid」世界初上映! 土屋つかさの今か無しか/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる