【特別編】初めてコミケに参加する人へ

 土屋はコミックマーケット78にてサークル「染井吉野(3日目東6フ30b)」にて参加します。スペースでの頒布物については後日書くとしまして、今日は初めてコミケに参加する人向けに最低限のアドバイスを書いておこうと思います。

 コミックマーケットを簡単に説明しておくと、世界最大の同人誌即売会で、夏と冬に1回ずつ開催しており、今年の夏は8月13日~15日の3日間行われます。メインである「同人誌即売」の他に、参加者のコスプレを楽しんだり、このイベントでしか販売されない商業グッズを買うという楽しみ方もあります。

 では、初参加で最低限覚えておくべきポイントを4つ紹介。

ポイント1■まずカタログを買って、ルールとマナーを熟読しよう。徹夜は絶対禁止!

 コミケットには2万以上のサークルが参加し、何十万人という一般参加者が来るので、なんの準備も無しに来ても訳が分からないと思います。アニメイトやゲーマーズなどのアニメグッズショップでカタログが売っているので、まずこれを購入しましょう(カタログは現在発売中です)。

 カタログの中で、目当てのサークルを捜して、事前にリストを作っておくと、当日効率的に回る事が出来ます。

 そして、それ以上に重要なのが、カタログ冒頭の「参加のマナー」の項です。コミケならではの守るべきマナーが多数あるので、ここを必ず一通り読んでおきましょう。最低でも「徹夜禁止」「会場内走行禁止」「列割り込み禁止」は暗記しておいて下さい(爆)。

 ちなみに、コミケ自体の入場料は無料でして、カタログは必須ではありません。それでも、買っておくべきだと土屋は考えます。

ポイント2■熱さ対策をしっかりしよう。水分補給を忘れずに!

 夏コミは暑さとの戦いです。コミケ自体は室内のイベントですが、外周サークルの待機列は基本的に炎天下の外に作られます。帽子やタオルなどを用意し、直射日光から頭や首回りを隠すようにしましょう。

 また、こまめな水分の補給も重要です。土屋のお薦めは、ペットボトル(アクエリアスなどの非炭酸だよ!)を事前に凍らせておき、ペットボトルのクーラーバッグ(キャンプ用品店などで売っている、ペットボトルが1本入る保冷の入れ物事)に入れて持ち歩く事。上手くいくと午前中一杯凍ったままになります。おでこに当てると冷却も出来て一石二鳥。

ポイント3■昼過ぎから来よう。炎天下で並ぶのは想像以上にキツイぞ!

 開場は10時からですが、その何時間も前から並んでいる人達が多数いるので、実際に入れるのはずっと遅くになります。初めて来る場合は、一般入場規制が解除される昼過ぎから来た方が良いかと思います。人気のあるサークルは軒並み売り切れているかもしれませんが、そういう本を狙うのはもっとコミケに慣れてからにしましょう。

 まあ「一般待機列に並んでこそのコミケ」というのもあるにはあるけど……。あと、土屋が何時までブースにいるのかはお約束出来ません。ごめんなさい。

ポイント4■やばかったらすぐに対処しよう。倒れてからでは遅い!

 とにかく熱中症が怖いです。会場内で気持ち悪くなったらすぐ帰宅を検討するか、スタッフに声を掛けて救護室で休みましょう。動けなくなってからでは遅いので、早め早めに対処しましょう。朝から体調が悪かったら、コミケ参加を諦める事も検討しましょう。その勇気も大切です。

 本当に最低限ですが4点ほど紹介してみました。それでは皆様、楽しいコミケライフをお過ごし下さい。