花札トレス問題について、個人的な意見

 友達からこういう話が起きてたよと教えてもらいました。

タイバニ同人花札問題での無責任なRTについて
http://togetter.com/li/248014

 実は土屋も以前任天堂の花札の図案をトレスして、それで別のゲームを作れないかと考え、任天堂に問い合わせた事があります(申し訳ありませんが、問い合わせた内容とその回答については、このエントリーには記載していません。ご了承下さい)。

 ちなみに、「参考」ではなく「トレス」しようと思ったのは、「現在花札と言えば『任天堂の花札』を指すので、花札のゲームを作るなら『任天堂の花札』の意匠をそのまま使いたい。かつ、そもそも花札の意匠には著作権は無い筈で、トレスしても法的な問題は発生しないのではないか」と考えたからでした。

 問い合わせについては大変丁寧な返答を頂き(担当者様に感謝)。色々勘案した結果、トレスで作るのは辞めようという結論になりました。

 ただ、その時の経緯を踏まえると、上のとぅぎゃりはちょっと「トレスは絶対NG」側にバイアスがかかりすぎているのではないのかなと感じました。土屋には、件の電話をした人の発言も、それほどには無責任な物では無いように思えます(その後の展開は考えるべきだったと思いますが)。というのも、花札の図案は結構複雑な問題を孕んでいるのです。

 まず、今の日本で「花札の図案」と言えば、それはイコール「任天堂が作っている花札の図案」を指すと言って良いでしょう。そして、花札というのは正式な作者や成立過程が分かっていない物ですし、仮にそれが判明したとしても著作権期限はとっくに切れているでしょうから、その絵柄は既にパブリックドメインであると言えます。

 この場合は、花札をトレスしても問題が無いように思います(法的にどうかの判断は土屋はしないし出来ないので注意)。

 ところが、「任天堂の図案」は実際には「元の図案(ただし、前述のように、花札には正式な「元の図案」が存在しない)」をベースに、任天堂が新たに起こしたオリジナルのデザインであるとも言え、そうなるとなにかしらの権利を任天堂が有しているとも考えられます。

 この場合は、「任天堂の花札」をトレスする事は問題があるように思います(繰り返しますが、法的にどうかの判断は土屋はしないし出来ないので注意)。

 少なくとも、「花札の図案をトレスする許諾をもらえるか」と任天堂に聞いても、任天堂は(権利者で無いため)許可する立場に無く、「回答いたしかねます」としか言えないでしょう。少なくとも「駄目です」とは言われない(言えない)と思います。とはいえ、「駄目じゃなければやって良い」とは必ずしも言える話では無い訳です。

 同時に「著作権的に違法でないか?」と聞かれても、同じく任天堂は「回答出来ない」としか答えられないと思います(ケースバイケースだから)。任天堂が、トレス花札を違法だと訴えるかどうかは、実際その商品が出て、それがどれくらい市場価値があるのかによると思います。また、訴えたからと言って、本当に違法にあたるかは別の話な訳です。

 全体的に奥歯に挟まった感じになってしまいますが、つまるところ「花札の図案に関しては、トレスだからって絶対NGとは言い切れない所がある。ただ、まあ、やめておいた方が無難なんじゃないの。俺はやめたよ。元図案は参考にして別図案書こうぜ」という話でした。

 非常にボーダーな話なので再三ながら繰り返しますが、上記は土屋の個人的な考えであり、法的な判断は土屋はしないし出来ません。また、任天堂の方針が上記と一致するかについても分かりません。カスタム花札を作ろうと思っている方は、個々人でご判断下さいませ。以上。

※上記の文章は先日twitterで同問題を語った際の、知り合いのツイートなどを参考に作成しました。皆様に感謝。

2012年1月27日23時53分追記

 閲覧数が伸びているので一応追記しておきます。上記の話は純粋に「市販花札の図案をトレスするのはアリなのか」という話を書いており、「2次創作はアリなのか」については一切触れていません。これらは全く別の問題です。ご注意下さい。