「マージナルオペレーション[F]」の偏った紹介/「紋章使い」の誤植修正

 星海社で拙著「那由多の軌跡」の担当をして下さった平林緑萌さんから添付ファイル付きのメールが届きました。見ると芝村裕吏さんの大人気シリーズ「マージナルオペレーション(全5巻)」の外伝短編集「マージナルオペレーション[F]」に収録される「東京捕虜案内」の原稿(の中の1短編)のようでした。え、なんでこれを土屋に?

 と、思いながら2行読んだところでコーヒー噴いた。こ、この短編の語り手、ライトノベル作家の「土屋ツカサ」なんですけどーっ!!!!??? しかも電車の中で敏腕編集の平林さんと出会ってなんか凄いことに巻き込まれてるんですけどーっ!!!???

 ……生まれて初めて自分が語り手の(かつ、他の人が書いた)小説を読みました。「ああ、脂汗とはこれか」と思った日。あ、短編は「え、この期間のエピソードなの?」「え、あの人って●●だったの!?」と驚きポイント満載でとても面白かったです。「マージナルオペレーション[F]」は2014年6月発売予定!(ちょっとやけっぱち)
====

 Vitaにニコニコ動画アプリがあることにふと気づきインストール。あ、これは便利かもしれない!

====

【アナログゲーム】

 週末のゲーム会に向けて「カードマスター2 紋章使い」の誤植カード(正確には、マニュアルとの記述矛盾から誤植と考えられているカード)の対応。全てのカードはスリーブに入れてあるので、5枚ある誤植カードに修正テキストをスリーブに入れておきます。もっと凝った訂正も出来るんですが、実用上は問題ないかなと。

 ところで、この初期国産カードゲームブームの頃に作られた翔企画系のカードは今現在の標準カードサイズとは縦が短く、流通されているスリーブだと若干丈が余ります。これ、カスタムサイズのスリーブあったりするのかなあ?

====

【プログラム】

 ちょっとしたプレゼン資料を作ろうと思い「あ、これ今自作してる文字描画エンジン使ったらわかりやすいんじゃね?」と作業を進めていました。で、明日がそのプレゼン予定日なんですが、どうにも意図した挙動にならず「なんでかなー?」と悩んでいたら、自作エンジンの内部ロジックバグだったことが判明。これが業務だったらと思うと冷や汗がでました。

====

【テキスト】

MGK-n1:あとがき作成

AIM:プレゼン資料作成

マジオペ。超面白いです。
マージナル・オペレーション 01 (星海社FICTIONS)
講談社
芝村 裕吏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マージナル・オペレーション 01 (星海社FICTIONS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル