「Gのレコンギスタ」開幕!/「四月は君の嘘」/Spotlight検索を無効化したい

 富野由悠季監督最新作「Gのレコンギスタ」が放送開始&視聴。実は富野監督作品をまともに見るのは初めてだと思います(Vガンもキンゲも見てない)。序盤から圧倒され、第2話を見終えた直後に第1話を再見しました(笑)。情報量を最小にしつつ、その上で視聴者の文脈読解回路を強制的に開く作劇が衝撃的でした。

 例えば、1話冒頭のノレドの「キャピタルアーミー? 監視? なにそれ!?」という台詞。「なにそれ」が「キャピタルアーミー」と「監視」のどちらにかかっているのか、この時点では視聴者には分かりません。普通に考えれば後者になる(誰もアーミーの説明をしてないから)が、実は前者(というか両方)だったのです。凄い!

====

 久し振りにとぅぎゃりを一個作るつもりだったのだけど、ツイートを並び替えるだけで力尽きたので続きは明日。うーん、間に合うのかなこれ……。

====

 積ん読になってた「四月は君の嘘」の8/9巻を読む為に7巻から読み返そうとしたら三池君の演奏シーンでボロ泣きしてしまって一旦そこで休憩(笑)。その後もボロボロ泣きながら9巻まで読了。なんでこんなに泣けるのか、本当は分析しなきゃいけないんだけど、感情が爆発しているこの瞬間を大事にしたくて、ついサボってしまう。TVアニメも楽しみ。

====

【iPhone】

 メニューをちょっと動かし間違えるとspotlight検索画面に遷移してしまうのが非常に不便です(spotlight検索を必要とした事がないので)。これ、無効化出来ないのかなあ?

====

【エンドゲーム】

 早朝(米国では午後3時くらい)にゲーム開始直前の質疑応答がツイッター上で行われ、土屋も一個質問してみました。

====

【テキスト】

冬コミ本:八王子で打ち合わせ。今回合同誌を予定しているのですが、土屋の仕事が急がしてくて作業が遅れまくっており、その立て直し手順を話し合いました。

バンタン:こちらも遅れていた提出資料の作成。もう一個残っています。

四月は君の嘘(9) (講談社コミックス月刊マガジン)
講談社
2014-05-16
新川 直司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 四月は君の嘘(9) (講談社コミックス月刊マガジン) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル