土屋つかさの今か無しか

アクセスカウンタ

zoom RSS 「名探偵ホームズDVDBOX」/デジタルゲームにおけるプレイヤーのリソースアクセス権について

<<   作成日時 : 2013/09/01 12:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 「名探偵ホームズ(犬のアニメの奴)」のDVDBOXを知人から譲ってもらったのに未見だったことを思い出し、昨日から見始めています。うーん、面白い。幼少期の土屋がこのアニメのホームズのイケメンっぷりと、ハドソン夫人の美人(かつイケメン)っぷりに以下にやられていたのかに気づきます。

====

【デジタルゲーム】

 ちょっと朝に某氏が興味深い議論をしていたので、それに参加してみたり。以下はその派生で呟いたのを繋いだ物。

----
 「デジタルゲームのプレイヤーはゲーム内の全リソースへアクセスする権利が(最終的には)ある。ただし、どの順番(あるいは段階)でアクセスを許可するかを決める権利は作り手側にある」と土屋は考えています。
 例えば、イベントCGをコンプする権利がユーザーにはある。けれど、どの順序でイベントCGを提供するかは作り手側が選択出来る、という具合に。
 こういう風に、プレイヤーのリソースアクセス権を制御することによって、ゲームを先へ先へと進ませるモチベーション発生装置になっているのではないかと思っています。
 ――みたいな話を、「ととの。」に交えて夏コミの個人誌に書いたので、興味ある人に読んで欲しい(と、ここまで書いてから夏コミの本まだ委託に出してないことに気づく。ご、ごめんなさい……)
----

 以下はその更に派生。

----
 「格闘ゲームの経験が浅い人の為に、ボタン一個で必殺技が出るようにする。今まで通りコマンド入力したい人は今まで通りでOK」という配慮(?)をした格闘ゲームが一時期あったのだけど、これはリソースアクセス権(ここでは「必殺技の発動」を指す)の制御がおかしくなっている例だと思っている。
----

 ここまで。一応注記しておくと必殺技ボタンがある格闘ゲームを否定している訳ではありません。土屋とはゲームデザインポリシーが異なるというだけの話ですのでお間違いなきよう。

 twitterでは書いていませんが、上で「(最終的に)」と括弧書きで付記しているのは、例えば格闘ゲームで必殺技コマンドを的確に打ち込まないと必殺技が出せない場合に、作り手側は、プレイヤー全員が必殺技コマンドを習得できる(≒そのリソースにアクセスできる)ことを保証しない(しなくて良い)ということを含んでいます。

====

【テキスト】

CRY-n1:やっぱり印刷してあった方が便利ということで、プロットとキャララフを印刷。明日一日冒頭のプロットを詳細化して、週明けから本執筆開始。十分な休養を得て、徐々に頭が切り替わって参りました。

EMOTION the Best 名探偵ホームズ DVD-BOX
バンダイビジュアル
2011-01-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by EMOTION the Best 名探偵ホームズ DVD-BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

プロフィール

奥多摩に生きるライトノベル作家兼ボードゲーマーです。
詳細は【こちら】をどうぞ。
TwitterID:@t_tutiya

プログラミング系ブログはこちら
  • 土屋つかさのテクノロジーは今か無しか
  • 「名探偵ホームズDVDBOX」/デジタルゲームにおけるプレイヤーのリソースアクセス権について 土屋つかさの今か無しか/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる