土屋つかさの今か無しか

アクセスカウンタ

zoom RSS ドリームキャストの発売日なので思い出を語る(「Dの食卓2」「シェンムー」)

<<   作成日時 : 2013/11/28 10:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 朝から微妙に右目がごろごろするんだけど、これはなんなのかなー。ほっといて治るんだろうか。

====

 ドリームキャストの発売日だったそうで、twitterではドリキャスの思い出話にみなさん花を咲かせていました。せっかくなので土屋も思い出話をひとくさり。

 土屋はドリキャスのハードは持っていなかったのですが、当時最もリスペクトしていたゲームデザイナー飯野賢治さん率いるWARPの最新作「D2(Dの食卓2)」が出るとのことで、ハード発表直後に行われたD2制作発表会に行ってきました。こちらがその時もらったパンフ。

画像


 今更ネタバレも無いと思うけど(遊ぶ環境がないし)D2は「プレイヤーに死のロールプレイを仮体験させる」というもの凄いギミックが仕掛けられていて、遊んだ当時は「飯野賢治マジ天才だわ……」と痺れました。「音を頼りに進める(E0)」「絵は無く音だけ(風のリグレット)」と来て、ついに「絵も音も無いゲーム(D2)」に至ったのです。

 そしてその後「リアルサウンド2 霧のオルゴール」「300万本RPG(仮)」などの発売を楽しみにしていたのですが、その前に飯野さんはゲーム業界を離れてしまいました。とても残念です。WARPイズムは、土屋の中で継承して行きたい思いです。

----

 実は「シェンムー」の制作発表会にも行っていて、その時のパンフも持っていたと思うのですが、ちょっと見つからず、代わりに(ドリキャスとは関係ないけど)思い出深い物が幾つか発見されました。幾つか写真を撮ったので、次の機会に紹介します。

 シェンムーは当時映像やデモを見た時本当に驚いて(特にシークバー一個で天候が制御できるデモが凄かった)、発表会が終わってホールから出てくるお客さんたちがみんな「凄い物を見た!」というテンションでぽわわになっているのが、非常に印象的でした。シェンムープロジェクト自体は残念な結果ではありましたが、ゲーム業界に与えた影響はワールドワイドで絶大でした。

----

 あと、個人的には「ジェットセットラジオ」の革新的なビジュアルとゲームシステムに強い影響を受けました。あれを作った(思いついた)人たちは本当に凄い。

====

【テキスト】

CRY-n1:改稿作業。頑張って進めたものの、進捗としては1日遅れ。どうも最初に立てたスケジュールが成立していなかった模様


D2読本―Dの食卓2 Deep File (Game Japan Books)
双葉社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by D2読本―Dの食卓2 Deep File (Game Japan Books) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

プロフィール

奥多摩に生きるライトノベル作家兼ボードゲーマーです。
詳細は【こちら】をどうぞ。
TwitterID:@t_tutiya

プログラミング系ブログはこちら
  • 土屋つかさのテクノロジーは今か無しか
  • ドリームキャストの発売日なので思い出を語る(「Dの食卓2」「シェンムー」) 土屋つかさの今か無しか/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる