土屋つかさの今か無しか

アクセスカウンタ

zoom RSS エイプリルフール/スペシウム・ボーイズ

<<   作成日時 : 2014/04/01 11:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 割と長いこと充電期間を頂きましたが、今日から徐々に日記を再開していきます。日々の業務記録を兼ねているので中断するとその間のお仕事のログが残らずよくないのですが、今回は色々あって割と長期間休んでしまいました。反省。とはいえ、特にリニューアルとかなく、また淡々と書いていくつもりです。

 ちなみになんですが、春からはtwitterの閲覧頻度を相対的に下げ、お知らせなどはブログをメインにしていきたいと思っています。思っているだけで実際どうなるかはわかりませんが(……)。あと、ブログも移転しようかなとも考え中。ただ、これは過去ログのことがあるので簡単には決断できないのですがー。

====

 4月1日はエイプリルフールで、ネット上では面白コンテンツが溢れかえります。個人的にはこういう馬鹿騒ぎは好きなので、毎年「来年はなにかしよう」と思いながら忙しさにかまけて当日を迎えてしまっています。来年用に「一上康明から六上康明までがバトルロイヤルする短編集を競作して電子書籍化する」というネタが出たので一応メモ(忘れてるだろうな……)。

 エイプリルフールは、ネット上においては数年前から「嘘をつく日」というよりも「1日限定無料コンテンツを提供する日」に変わってきている印象があり個人的にはこの流れも好きです。今年もTYPEMOONがニコニコ生放送(?)で「お前どんだけ予算使ってんだよ! っていうか丹下桜さんの無駄遣いだろそれ!」みたいなネタを披露していて楽しかったです。

====

 5pb.空想科学アドベンチャー第5弾は、円谷プロダクションとの企画協力による「スペシウム・ボーイズ」とのことで、え、これ、つまり、ウルトラマンってこと……?

http://speciumboys.jp/

 まさにエイプリルフールジョークかと思いきや、二日になってもコンテンツが消えていないことからどうやら本物っぽい。まじかよ!

====

 ここ最近読んだ本は「満願」「七回死んだ男」「共犯マジック」「遥か凍土のカナン(第2巻)」など。どれも無茶苦茶面白かった。特に「七回死んだ男(西澤保彦/講談社文庫)」の「あ、そうだったのか!」感は凄い。最初のトリック(?)は気づいたけど2番底に嵌るパターンでした。大満足!

====

【テキスト】

CRY-n2:ジョナサンに籠もってプロット概要を作る。ようやく、これなら書けるのではないかというネタが生まれる。ひとまず相談。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

プロフィール

奥多摩に生きるライトノベル作家兼ボードゲーマーです。
詳細は【こちら】をどうぞ。
TwitterID:@t_tutiya

プログラミング系ブログはこちら
  • 土屋つかさのテクノロジーは今か無しか
  • エイプリルフール/スペシウム・ボーイズ 土屋つかさの今か無しか/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる