土屋つかさの今か無しか

アクセスカウンタ

zoom RSS アナログゲーム「サンマロ」/「ドラゴンスレイヤークロニクル」/協力ゲームの構造について

<<   作成日時 : 2014/09/11 16:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【ゲーム会「サンマロ」】

サンマロ
http://mobiusoyaji.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-fbb3.html

 ダイスを振って資源を生産し、それを元に自分の都市を建設していく、よくあるゲームなのですが、建築した建物をボードにホワイトボードマーカーで「書く」というのが面白い。3人でプレイ。

画像


 前回遊んだ時にルールを大胆に間違えていたこともあって、今回はとても楽しめました。ゆるいインタラクションの中で自分の都市をどう発展させていくかが楽しい。マーカーの使用によって、この手のゲームとしてはコンポーネントが大幅に簡略化されているのも好みです。このデザインセンスは真似したい。というかこのゲーム欲しい!

画像


====

 前々から欲しいと思いつつ機会を逃していた「ドラゴンスレイヤークロニクル」を遂に入手しました!

ドラゴンスレイヤークロニクル
https://www.amusement-center.com/project/egg/special/package_dragonslayerchronicle/

 1984年から1995年までに発売されたドラゴンスレイヤーシリーズ全部入り!12シリーズ15タイトル!ロードモナークにPCエンジン版「風の伝説ザナドゥ」も!更にドラスレ4サントラ付属!

画像


 ソフトだけではありません。ザナドゥ復刻マニュアルに、米田仁士さんのイラストが描かれたソーサリアン基本シナリオカード!そして、ああもうなんか色々ありすぎて説明できない!(大興奮中)

画像


 ……という、ハイテンションツイートをしたのですが反応がびっくりするくらいありませんでした。まあ、そうだよね。「ザナドゥシナリオ2」が2014年にプレイできるとかマジ凄いことなんだけど、土屋ですら世代じゃないからね……。

 なお、ファルコムの後継シリーズの1つである軌跡シリーズの流れを組む作品「那由多の軌跡」のノベライズを土屋が担当しています。とても良い作品に仕上がっているので、ゲームをプレイしていない方も、クリア済みの方も、是非読んで頂ければと思います。星海社様より好評発売中!

====

 ところでポテロングを食べている最中に一時的にフタを閉める方法に毎回難儀しているんですが(セロテープを使えばいいんだけどそれがめんどくさい)、もしかしてこれが正解なのでは? というやり方を発見。これ、正解じゃね?

画像


====

 久し振りに新宿に出たので地元で買えない本を色々購入。友野詳さんの新作ゲームブックが収録された「闇のトラペゾヘドロン」と、買い逃していた「超時間の闇」を確保。

====

【アナログゲーム】

 日中は友達絵師さんと協力型ゲームの構造について議論。土屋はパンデミックの基準を満たしていればコマンダー問題(最近は奉行問題とも言うらしい)はそれ以上システムでアプローチする必要はない(「+A POWER」でもそれを踏襲)と考えているけど、思考し続けることは常に必要だと自戒。

====

【テキスト】

M:打ち合わせ
那由多の軌跡 (星海社FICTIONS)
講談社
土屋 つかさ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 那由多の軌跡 (星海社FICTIONS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

プロフィール

奥多摩に生きるライトノベル作家兼ボードゲーマーです。
詳細は【こちら】をどうぞ。
TwitterID:@t_tutiya

プログラミング系ブログはこちら
  • 土屋つかさのテクノロジーは今か無しか
  • アナログゲーム「サンマロ」/「ドラゴンスレイヤークロニクル」/協力ゲームの構造について 土屋つかさの今か無しか/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる